うちの猫のお気に入りは天窓の下

cat_skylight
我が家の廊下には天窓があり、天気がいい日にはそこから太陽の光が差し込んで、電気をつけなくても明るい屋内になっています。春なんかは特にその下がポカポカして気持ちがいいので、その場所はうちの猫のお気に入りスポットなのです。天気がいいと必ずと言っていいほどそこでゴローンと寝転んでお昼寝していたり、毛繕いしていたり…。目を細めてなんとも気持ちよさそうで、私も一緒にお昼寝したくなってしまうくらいです。廊下なので流石に私は寝ませんけどね。

ただまぁ、これが何もない時ならいいんですが、掃除中だったりすると邪魔で邪魔で…。掃除機の音がしてもなんのその。掃除機で突いてみても「なんだよ」って顔でこっちを見てくるだけで動こうとすらしません。そこだけ掃除機をかけるのを諦めるか、それとも猫を強引にどかすかの二択になるのですが、私はお猫様に基本甘いのでどかしたりせずにそのまま避けて掃除を続行。まぁ猫一匹分程度の範囲なので、別にいいと言えばいいんですがね。たまーに「はいはいごめんねぇ」って言いながら抱えてどかしますが、その時の猫の不服そうな顔と鳴き声には、ちょっと申し訳なく感じたりします。

でも、ほんと天窓の下ってすごく気持ちいいんですよね。こんなに気持ちいいならリビングにも天窓を作ればよかったと思うくらいです。掃除が大変なので2つも3つも天窓を作るのは嫌と、暗くなりがちな廊下だけにしましたが、実はちょっと後悔していたり。家事が終わった後に「リビングにも天窓作ればよかったねー」なんて猫に話しかけながらオヤツを食べてテレビを見るお昼休憩が、私にとって一番幸せな時間かもしれません。