ガラスに太陽光を遮断するフィルムは貼るべきか

sun_light
夏場のような暑い時期や、直射日光が当たってしまう部屋にお住いの人であれば、その対策をしなければならないと思ってしまうのではないでしょうか。その対策方法としては、様々なものが考えられますが、その中でも太陽光を遮断するフィルムを貼るという方法があります。しかし、このフィルムは貼るべきなのでしょうか?

色々な観点から考えると、貼るべきであるということと貼らないべきということは半々に分かれるかもしれません。まず貼るべきという観点であれば、フィルムは日光が直接入ってくるのを防いでくれますので、室温の上昇を抑えることができます。そのため空調設備なども夏場はそれほど使わなくなりますので、かなりエコな結果をもたらしてくれるでしょう。それに加えて、フィルムを貼っていれば人体においても日光の悪影響(紫外線など)から身を守ることにつながりますので、健康面でも良い役割を果たしてくれます。また、畳が傷みにくいというのも、ちょっとしたメリットです。

では逆に貼らないべきであるという観点としては、寒い時期になると日光が入る割合も減るので部屋の温度が自然に上昇することがありません。なので夏場はよくても冬場は寒い、もしくは冬場の空調設備の使用量が増えてしまうというデメリットをもたらします。さらに、フィルムによって外が見づらいので、景観を損なうということも挙げられるでしょう。以上のことからも、フィルムを貼るのも良いと言えますし、貼らないのも良いと言えます。そのため、デメリットを許容してメリットを受け取ることに納得できるのであれば、フィルムを貼るべきであるのかもしれません。

フィルムそのものは専門業者に依頼をしておけば比較的簡単に交換してくれますので、それほど手間ではありません。ですから、もしデメリットを受け入れてフィルムを貼りたいなと思うなら、窓ガラスを専門に扱っている業者に頼んで貼ってもらうこともオススメです。